カラオケでいつもよりちょっと上手に聞かせるコツ教えます!

W610Q75_12
ビブラートやしゃくりってなんだかご存知ですか?

近年カラオケの採点機能が広く知られるようになったこともあり、これらの言葉を聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。

ビブラートとは、「あー」などと伸ばした声を「あぁあぁ」という風に小刻みに振るわせることをいい、しゃくりは「はー」と出すときなどに子音と母音で音程を変えて出す技法のことをいいます。

これらの技をうまく使うことにより、カラオケでかなりプロっぽく聞かせることができるようになるのです。そして、これらの方法はそんなに難しくなく身に着けることが可能と言われています。

■ビブラートは意識的に音を揺らしましょう

ビブラートをかけることによって、声量がそこまでなくても、響いて聞こえとても上手に聞かせることができます。

一般的には、ビブラートは周期的な音の揺れと言われていますので、「あぁあぁあぁ」のように一定のリズム(大体1秒間に6回程度が理想)で音を揺らさなくてはいけません。「ああぁあぁ」のようにばらばらの状態ですと、逆に違和感を感じてしまいますので注意しましょう。

まずは、ビブラートがどのようなものなのか、実際に体験してみることによりイメージをつかみましょう。ビブラートは人工的に発生させることができます。

「あー」と一定の高さで声を出してみてください。その時に、あばら骨の少し下あたりの脇腹を小さく揺らすか、トントンとリズミカルに叩いてみて下さい。

すると、声が揺れる感じが発生しますが、これがビブラートをかけた状態ということになります。

練習方法としては、以下のような方法があげられます。

・ドギーブレスで横隔膜の揺れをつかむ
・母音を強調してみる
・音程を上下させてみる

■しゃくりは使うタイミングも重要

次にしゃくりですが、たとえば「はー」ということばを発するときに子音「は」を正しい音程よりも少し低くだし、母音「あ」を正しい音程で出すことにより、音に深みと抑揚が付きます。

イメージとしては、下を向いた状態から上を向く感覚と思ってください。

これは、練習などしなくても、簡単に出来るテクニックですが、なんでもかんでもしゃくりを入れればよい問いわけではありません。

なんにでもしゃくりを入れてしまうと、歌としてとても違和感を感じるものになってしまいます。ここぞという時にしゃくりを行うことによって、歌を飛躍的に上手に聞かせることができるようになるのです。

では、どのタイミングで入れるのがよいのでしょうか。

・しゃくりを入れる音と前の音がつながっていること
・前の音の方が低い音であること

この二つの条件が当てはまった時に使用するのが効果的と言えます。

音と音をつなぐ効果がありますので、滑らかに音同士が流れるように歌ってみるとよいでしょう。

これらの技法を使えば、簡単に本格的な歌声のように聞かせることができるようになります。ちょっとした練習で出来るようになりますので、是非チャレンジしてみてください。


W610Q75_11

あなたは普段カラオケで他の人が歌っているとき何をしていますか?

スマホをいじっている人、他の人と話している人、食べ物を食べている人、次の曲を選曲している人など様々ですが、実はその姿、案外見られているものですよ。

自分が歌っているときに、スマホをいじられたり、他の人と話が盛り上がっていたりするとやはりあまり気分の良い物ではありませんよね。

カラオケで雰囲気を盛り上げたりするのはやはり、歌を聴いている人の姿勢というのも重要になってくるものです。

ここでは雰囲気を盛り下げないためのカラオケを聞く態度について考えていきましょう。

・スマホはできるだけ見ない
・他の人と話をするときはできるだけ近づいて話す
・食べ物、飲み物は自由に
・選曲はできるだけ短時間に
・曲の間奏や終わりに反応を見せる

以上のようなことに注意をしておけば、まず問題はないでしょう。

■スマホはできるだけ見ない

カラオケボックスの部屋は少し暗めになっていることが多いです。そんななかでスマホを見ていると、どうしても明かりが目立ってしまいます。また、その人の歌に興味がないという風に見えてしまうため、印象はよくありません。特に気になる異性が相手の時などはできるだけスマホは見ずに、相手の歌い姿を見たり、画面を見たりと、「ちゃんと聞いてますよ」感を出すことも重要になってきます。

■他の人と話をするときはできるだけ近づいて話す

他の人が歌っている最中に話したいこともあるでしょう。ただ、メロディなどが流れているので、どうしても会話が大声になりがちです。そうなってしまうと、歌っている人の邪魔になってしまうかもしれません。特に、対角線上や遠い席の人と話をするときなど、歌っている人を挟んで会話をするのはやめておいた方がよいでしょう。

できるだけ、話をしたい人と近づいて話し、歌を邪魔しないようにすることが大切です。

■食べ物、飲み物は自由に

歌っている間に食べ物や飲み物を飲むことは難しいですよね。なので、遠慮せず飲み食いした方が良いでしょう。また、注文などはできるだけ、曲の間奏時や、曲と曲の間に行ったほうが店員にも聞き取り易いためよいでしょう。

■選曲はできるだけ短時間に

歌う曲に迷ってしまって、ずっとリモコンを独り占めするのもよくありません。出来る限り歌う曲などは頭に思い描いて、あまりリモコンを独占しないようにしましょう。

■曲の間奏や終わりに反応を見せる

曲の間奏や終わりに「イェーイ☆」や「ヒュー!」などの反応があるのとないのとでは曲の盛り上がりは大きく異なります。せっかくノリの良い歌を歌ってくれているのに、聞き手の反応が無ければ、その曲の良さは半減するかもしれません。

カラオケボックスにはマラカスやタンバリンの無料貸し出しも行っているところもありますので、それらの楽器も加えるとより、盛り上がりをみせるはずです。

カラオケが苦手だけど、付き合いでいかなきゃならないなんて言う方は以上のことを守っていると、場の空気を壊さずに、楽しくカラオケの時間を過ごすことができるのではないでしょうか?

10


家で自由に歌っていると歌えるのに、カラオケでいざ歌うとなるとどうもリズムがくるって歌いにくいという方もいらっしゃるかもしれません。

リズムを取るのが苦手…という方も多いですが、カラオケでは、実はリズムが取れてさえいれば、多少音は外したとしても歌は上手に聞こえるものなのです。

まず、リズムが外れてしまう人の特徴を考えてみましょう。

・歌詞を追っていて曲をよく聞いていなくてずれてしまう
・歌い始めが合わず、そのままずれてしまう
・一度ずれてしまうと修正が出来ない

などあげられます。しかし、これらのことはすべて練習で改善できることでもあるのです。

つまり、カラオケでのリズム感は練習することにより取得することができます。

では、なぜリズムが合わないという事態が起きるのでしょうか。これには大きく2つの原因があると考えられます。

・歌詞をよく覚えていない
・リズムを取っている音を聞き取れていない

この2つの原因により、歌いだしが合わなかったり、だんだんとリズムがずれていってしまったりしてしまうのです。

これらの原因を解消することにより、リズムに合わせて歌うことができるようになっていきます。

■歌詞をある程度把握してモニターの文字を追わないようにしよう

まず、歌詞をよく覚えていないことでリズムがずれていってしまうことについてです。カラオケだとほとんどの場合、モニターに歌詞が出て、歌に合わせて歌詞の色が変わっていきます。

これに合わせて歌っていくとどうしてもリズムがずれてしまうのです。これは、文字を追うことにより、メロディをあまり意識しないことから起こってしまいます。

モニターの歌詞の流れは実際のリズムに関係なく表示されていくことが多いので、モニターの歌詞の流れに惑わされないように、ある程度の歌詞は覚えておくとよいでしょう。

■リズムを取るにはドラムの音を聞いてみよう

メロディのリズムを担当するのは主にドラムです。このドラムの音をきっちりと聞き取ることができるかどうかというのは、リズムが取れるかどうかに直結します。たとえ途中で若干ずれてしまったとしても、ドラムの音に合わせることが出来れば、簡単に修復することができるのです。

では、どのようにすればドラムの音が聞き取れるようになるでしょうか?

これには、ある程度訓練が必要になってきます。

まず、歌う曲をじっくり聴いてみましょう。その中で聞こえてくるドラムのリズムに合わせて、手を叩いてみてください。

手を叩くのが難しい場合は、足でリズムを刻んでみても大丈夫ですし、体を少し揺らす程度でも問題ありません。丸々一曲リズムを取れるようになれば、他の曲を歌う時でも、その曲のドラムの音を通じてリズムを取ることができるようになってきます。

また、途中でリズムをはずしてしまった場合も、落ち着いてドラムの音を探ってみましょう。必ずどこかで入り直せる箇所があるはずです。

自分の声や歌詞に気を取られてメロディを聞き逃すと、どうしてもリズムがくるってしまいます。たとえ音程が取れていてもメロディとリズムがあっていないと、聞いている側はどうしても違和感を感じてしまいますので、慣れないうちはガイドボーカル機能などを使用してみるのもよいでしょう。


このページのトップヘ