カラオケでいつもよりちょっと上手に聞かせるコツ教えます!

W610Q75_57

カラオケが苦手…という方や、何を歌っていいのかわからない…なんていう方も、まずは一曲、これは歌える!という持ち歌を見つけてみてはいかがでしょうか?

一曲でも自分の持ち歌があれば、他がそこまで上手ではなくても、その曲で十分挽回できますし、歌を歌いたくない場合も、この一曲だけと歌っておけば、周りもうるさく最速はしてこないでしょう。

でも、持ち歌ってどんな風に見つければいいの?とお考えの方も多いかもしれません。そのような方に、今回、持ち歌の探し方についてお話をさせていただきます。ぜひご参考になさってみてはいかがでしょか。

■まずは好きな曲を見つけましょう

どうせ持ち歌にするなら好きな曲がイイですよね。まずは、好きな曲をいくつかピックアップしてみてください。この中から探していくことにしましょう。

この時、洋楽や外国語の歌は避けておきましょう。また、演歌なども選択肢から外した方が無難です。

洋楽をはじめ外国の歌や演歌は、知名度がそこまで高くないものもあり、歌っても「何の曲?」と言われてしまうかもしれません。その場合は、せっかくの持ち歌なのに、目立ちませんし、盛り上がらなくなってしまうかもしれません。

また、洋楽やK-POPなどの外国の歌や演歌は、中々難しい歌というのも多いものです。好きでも、やはり歌いやすくなければいけませんので、出来ればJ-POPの中から探すようにしましょう。

■好きな曲が多い場合は、いろいろ聞いてサビの部分を口ずさんでみましょう

好きな曲が10曲以下という方は、この項目は飛ばしてください。10曲以上あるという方は、まず、全部聞いてみましょう。そして、サビの部分を一緒に口ずさんでみてください。

サビは一番盛り上がる部分ですので、この部分の声が出ないような場合は、持ち歌としてはふさわしくありません。

特に歌手の歌などと一緒に歌う場合は普段よりも声が出やすい状況にありますので、それでも出ない、出にくいという曲は、カラオケでも声が出ないという可能性が高いです。

サビをどんどん歌っていって、大体10曲程度に絞ってみましょう。

■実際にカラオケボックスにいって歌ってみよう

ある程度候補を絞ったら、実際にカラオケボックスに行って歌ってみましょう。この時、誰か気心の知れた相手と行くか、一人で行くかをオススメします。

あくまでも持ち歌を見つけるために行きますので、あまり親しくない人も一緒に行くと、歌いにくかったりするはずです。そのため、気兼ねなく歌える状態でカラオケボックスに行くようにしましょう。

カラオケで実際に歌ってみるのがよいのですが、その際は是非、ガイドメロディやガイドボーカル機能を使用してみてください。

カラオケの機種によっては、メロディラインが映像で出て、歌の音階があっているかどうかその場で表示してくれるものもあります。

まずは、ガイドメロディにそって歌ってみて、歌いにくくないか、リズムは取り易いか、メロディとはあっているかなどを確認してみてください。

これらを行って、ある程度慣れたら、ガイドメロディやガイドボーカルを外して歌ってみましょう。

それでも、大丈夫!と自信が付いたら、それもうアナタの持ち歌です。

W610Q75_56

腹式呼吸や、ストレッチ、発声方法などを効果的に成長させるボイストレーニングですが、実は歌声をよくする以外にも様々な効果が期待できるってご存知でしたか?

今回は、ボイストレーニングによる歌の上達以外の効果について調べてみました。様々な効果が期待できるようですので、是非実践されてみてはいかがでしょうか?

■声の質そのものが向上します!

ボイストレーニングの主な目的は、発声方法を整え、よりのびやかで美しい声をだして歌うことではありますが、これは何も歌声に限ったことではありません。

ボイストレーニングを日々行うことにより、日ごろの話し言葉も、発声や、発音がとてもきれいになったという声もよく聞かれるのです。

そのため、接客業の方や、電話対応する機会が多い方などは、ボイストレーニングを行うことによって、より声の質を向上することが期待でき、仕事に役立てることもできるようになります。

■ボイストレーニングで凝りが解消?

また、ボイストレーニングで行うストレッチは、筋肉をほぐす効果も期待できますので、日ごろ肩こりや腰痛にお悩みの方は改善する可能性もあるといえます。特に肩周りの筋肉は、凝っていると歌う時に変な力が入り上手に発生が出来なくなってしまうこともありますので、特に入念にストレッチを行う部分でもあります。

適度な運動を行うことになりますので、酷い肩こりなどでお困りの方も一度ボイストレーニングを行ってみるとよいかもしれませんね。

■腹式呼吸でダイエット効果も期待?

ボイストレーニングの大半の部分は腹式呼吸で行います。この腹式呼吸は、腹筋を活用して行う呼吸法になります。

腹式呼吸を行うと、腹筋やそのほか周りの筋肉を収縮したり、緩めたりと、大いに動かすことができるのです。

つまり、腹式呼吸をマスターすれば、おなか周りをすっきりさせることにもつながる可能性があるということです。

また、じっくりと行う腹式呼吸は有酸素運動とおなじ効果が得られると言われています。

インナーマッスルを効果的に刺激しますので、内臓脂肪などの減少にも効果が期待できると言えるでしょう。

■正しい姿勢で生活が行えるようになる?

歌を歌う時に、重要なのは姿勢です。ボイストレーニングでも正しい姿勢で行わなくては意味がなく、しっかりとした姿勢の定義があります。

軽く足を開き、腕を思いっきり上にあげ伸びをしてみましょう。そのままストンと手を下してください。肩の力が入っている場合は、もう一度やり直してください。

この姿勢が歌うのに最も適した姿勢と言われています。そして、この姿勢は、周りから見ても美しい立ち姿と言えるでしょう。

いかがでしたでしょうか。ボイストレーニングを日々行うことによって、歌声の上達以外の様々な効果が期待できることが伝わりましたか?

もちろん、これらは、正しいボイストレーニングを行わないと身につくものではありません。ひとつひとつのトレーニングを丁寧に確実に行っていくことが大切になります。

W610Q75_55

カラオケは上手くなりたいけど、ボイストレーニングや、毎日練習するのは面倒くさい…なんていう方ももしかしたらいらっしゃるかもしれません。

ではボイストレーニング意外に顔羅家が上手になる方法ってあるのでしょうか?

今回は、ボイストレーニング以外で、カラオケが上手になる方法について調べて見ました。カラオケまでに時間がないという方や、練習は面倒くさいという方は、是非以下の方法を実践してみてはいかがでしょうか?

■まずは環境を整えましょう

歌を上手くするためには、声をしっかり出すことが大切です。

そのために、まず、服装についてチェックしましょう。

ジーパンなどを履いていてぴっちり説いている場合は、おなか周りを少し緩めてみてください。おなかが絞まっていると、上手に呼吸が出来なかったり、おなかから声が出なかったりします。そのため、まずはおなか周りにゆとりを持たせましょう。

そして、マイクのエコーを切りましょう。マイクのエコーはうまく聞こえるように感じるかもしれませんが、音が反響しますので、音程があっていないと余計に音がずれているように聞こえるものです。また、自分の声をしっかり聴きながら歌うことで、音程が取れやすくなりますので、マイクのエコーはとりあえず切っておいてください。

飲み物も注意しましょう。出来るだけアルコールは避けるようにしましょう。また、ウーロン茶なども喉の油を落として、人によっては声が出にくく感じるという方もいますので、注意してください。カルピスなど、若干まろやかな飲み物の方が喉をカバーしてくれる感じがして声が出やすいと感じる人も多いようです。

■歌い方に注意してみましょう

歌う時は、正面を向いて声が下に行かないようにしましょう。マイクをしっかりと正面で持ち、目線も前を向いておくことが大切です。

また、始めて歌う歌などは避けましょう。歌いなれた曲ほど、上手に聞こえるものです。上手に聞かせたいなら始めて歌うような曲は出来るだけ避けましょう。

そして、他の人が歌っているときに、小さく口ずさんでアイドリングすることも大切です。急に歌うのも難しいので、他の人が歌っているときに、邪魔にならない程度の小さな声で、一緒に歌ってみましょう。

高音を出す場合は、出来れば立って歌う方が良いでしょう。その際、おしりの穴をきゅっと絞めるようにすると、より高音が出やすくなるという人もいますので、試してみるのもオススメです。

低音をきれいに出したい場合は、口の形に注意しましょう。横に開くのではなく、縦に開くようにして歌うと、より重厚感のある声が出ます。

また、腹式呼吸がよく分からないという方は、とりあえず、足の下から頭のつま先にかけて声を出すイメージで歌ってみてください。これだけでも、大分声の出方が変わってくるのではないでしょうか?

ボイストレーニング以外でも、このようなちょっとしたことに気を付けるだけで、格段に歌が上手に聞こえる人も中にはいます。これらのことを是非一度試してみてはいかがでしょうか?

このページのトップヘ