カラオケでいつもよりちょっと上手に聞かせるコツ教えます!

W610Q75_51

自分は音痴だなぁと感じる方の中には、自分はリズム感がない!とお悩みの方もいらっしゃるのではないでしょうか?

カラオケにおいて、リズム感というのはなかなか重要な項目で、このリズム感が良いと、ノリがいいなとされて、歌声が多少外れていても、歌が上手と認識されることが多いです。

リズム感がないと悩んでいらっしゃる方もいますが、実はリズム感はトレーニングによって大きく改善が見込まれます。

リズムは体内時計のようなもので、その人その人にもともと備わっているものでもありますし、整えて調整していくことが可能なものでもあります。

今回はリズム感を体得するためのリズム・トレーニングについて調べてみました。日々の反復練習が重要になってきますので、毎日コツコツと繰り返して、歌ウマに近づいて行ってくださいね。

■本当にリズム感がないの?

軽く手を振りながらその場を歩いてみてください。

この時、手足の動きはどうなっていましたか?

右手を振っているときに左足が、左手を振っているときに右足が出ている方は、基本的にはリズム感がないとは言いません。十分リズム感が備わっています。

もし、両手足が同じように出ていたり、そもそも腕の振りと足の出方があっていないという方がいらっしゃいましたら、そういう方は若干体内のリズム感にズレが生じているということになります。

それでも、これは矯正できますので、安心してください。

■好きな曲でリズム・トレーニング!

リズム・トレーニングも本格的にしようとおもったら、様々な方法があり、基礎部分のトレーニングというのがとても地味で長い作業となります。

しかし、プロになりたいわけじゃないし、カラオケで恥をかきたくないだけだから…なんていう方もいらっしゃいますよね。そういった方にオススメしたいのが、何度も曲を聴くということです。

好きな曲で構いません。まずは曲を一曲じっくり聞いてみましょう。この時、注意して聞くのはドラムの音とベースの音です。

この2種類の音が、その曲のリズムを作り出している音になります。

一度じっくり聞いてみたら、次は、そのドラムやベースの音に合わせて手を叩いてみましょう。「1・2・3・4」などの声を出してみる事をオススメします。声に出すことによって、より、リズムが脳に記憶されていきます。また、この時、一緒に頭も軽く前後してみましょう。

曲によっては「1・2・3・4」では合わないかもしれません。そういった場合は「1・2・3」などの三拍子である場合がありますので、そちらでも試してみてください。

この動作が出来るようになってきたら、今度は足も足してみましょう。簡単な足踏みで構いませんので、「1」と「2」の間「・」の部分のときに足踏みをします。

これが裏打ちとよばれる隠れたリズムになります。

ここまでマスターできるようになれば、もうその曲のリズムはつかんだも同然です。手や足はそのままに、実際に歌ってみてください。格段にうたいやすくなっているのではないでしょうか?

W610Q75_50

カラオケに一緒に行きたくない人ってどんな人ですか?

自分ばかり歌う人、歌を強要する人なんていう方も入っていますが、案外多いのが、自分の世界に入りすぎている人のようです。

歌を歌う時に感情を入れて歌うことは大変良いことですが、それが度を越すと一緒にいる相手に引かれてしまうということにもなりかねません。

特に、会社関係や合コンなど、まだあまり親しくない状態でカラオケに行った場合、そこで入りすぎてしまうと、ほとんどの確率でちょっと「あれ?」と思われます。

また、失恋した直後などで、失恋ソングを歌って、そこで涙が出てしまうなんて言うことになると引いてしまうどころか、相手に気を遣わせてしまうなんて言うことにもなりかねません。

もちろん、趣味が一緒の人といったり、気心が知れている相手などと行く場合は、感情をこめすぎて歌っていても引かれることは少ないでしょう。

そのため、どうしても気持ちを入れて歌いたいなんて言う時は、一人でカラオケに行くとか、親しい人だけで行って「今日は世界に入って歌うから」なんて一言伝えておくなどしておくとよいですね。

でも、感情込めて歌った方が歌が上手いと思われるのも事実です。その線引きが大変難しいものになります。

どうにか確認する方法などはない物でしょうか?

確認方法として一番オススメなのは、一度自分が歌っている姿を録画してみてみるということです。近年ではカラオケルームで動画を録画する機能が付いているものも多くありますし、スマートフォンなどを使えば簡単に歌っているときの姿を録画することができます。是非一度録画してみてください。

録画する際は、出来るだけ全体像が写るように撮影するとよいでしょう。

そして、録画をしたら必ずその様子を見てみてください。案外思い描いていた姿とは大きく異なったりするものです。想像していたよりも、自分の世界に入りすぎていてキモチワルイなんていうこともあるかもしれません。

また、選曲も重要です。感情を込めて歌うことは決して悪い事ではありません。しかし、入りすぎてしまってなかなか感情のコントロールができないという方は、是非歌う曲を変えてみてはいかがでしょうか?

例えば前向きな歌や明るい歌などは入りすぎていてもそこまで引かれるということはありません。引かれてしまうのは、失恋ソングや、甘いラブソング、バラードなどじっくり聞かせる歌などの場合が多いのです。

そのため、だれでも共感のしやすい応援ソングなど、あえて恋愛の歌を避けると、たとえ感情がこもりすぎていても問題とはいえません。あまり親しくない方とカラオケに行くなどの場合はこのような歌から様子をうかがうことも必要ではないでしょうか。

一度自分の姿を客観的にみるということはとても大切な確認行動になります。特にカラオケの場合は聞いている相手がいる場合が多いので、相手が引いてしまうと、その場の雰囲気はとても感じの悪いものになってしまいます。

そのような事態を避けるため、是非一度ご自身の歌い姿を確認されてみてはいかがでしょうか?

W610Q75_49

「フォール」とはどういったものかご存知ですか?

カラオケの採点機能などを見ていると「しゃくり」「こぶし」「ビブラート」に合わせて「フォール」というフレーズがあるものもあります。

この「フォール」を上手に活用することで、J-POPをより上手に聞かせることができるようになるのです。

今回はこの「フォール」という技法について調べてみました。身に着けるとより歌に深みが出ますので、是非マスターしたいものですね。

■フォールはしゃくりの逆?

フォールもしゃくり同様節まわしの表現の一種です。ただし、しゃくりとは真逆の節まわしとなります。しゃくりは、本来の音より若干低めの音から歌いだすテクニックですが、フォールはしゃくりとは逆になり、本来の音より若干高めの音から歌い出し、元の音程に合わせていきます。

音をスムーズに下げていくテクニックとなるので、歌い出しに使われることはあまりありません。

■フォールを効果的に入れると歌に抑揚がでます

フォールのイメージはなかなか掴みずらいものかもしれません。フォールの利いた歌と言えばaikoのカブトムシなどがあります。この歌のサビの部分では同じ言葉なのに高い音から低い音へ移行する場面があるのがわかるはずです。こうした部分はフォールがきいている状態になります。

フォールは歌い終わりの部分などで使用されることが多いテクニックです。これは、高い音から低い音へと下がっていくと落ちていく感覚があり、終わりという印象を効果的に与えることができるからとも言われています。

また、自然に下げていくというのも重要になります。分かり易く下がってしまうと、それはフォールというテクニックではなく、メロディラインのようになります。あからさますぎる場合は違和感を与えてしまうでしょう。

また、急降下してしまうととてもおかしく感じるので、ふわりと柔らかく下げていくことが重要になってきます。しゃくりのイメージはどちらかというと階段ですが、フォールのイメージは放物線と思ってもらった方が良いかもしれません。

また、歌い終わりにフォールを使うことによって、歌に余韻を持たせることもできます。歌自体に抑揚がうまれ、雰囲気ある歌になるので、是非使ってみてください。

ただし、あまり多用するのは避けましょう。フォールはしゃくりと同様、本来の音から若干外したところから声を出しますので、あまり多用しすぎると「この人音が取れないのかな?音痴なのかな?」といった本来とは真逆の印象を与えてしまうこともあるので注意してください。

カラオケの採点機能でも、フォールはプラスの要因にもなりますが、使いどころによっては音程があっていないとして減点対象ともなります。慣れないうちは、あまり多用せず、歌い終わりの最後の部分だけにしておくなどするほうがよいでしょう。

とはいえ、フォールは曲に新たな彩りを与えます。ぜひマスターして、活用してみてください。

このページのトップヘ