W610Q75_11

あなたは普段カラオケで他の人が歌っているとき何をしていますか?

スマホをいじっている人、他の人と話している人、食べ物を食べている人、次の曲を選曲している人など様々ですが、実はその姿、案外見られているものですよ。

自分が歌っているときに、スマホをいじられたり、他の人と話が盛り上がっていたりするとやはりあまり気分の良い物ではありませんよね。

カラオケで雰囲気を盛り上げたりするのはやはり、歌を聴いている人の姿勢というのも重要になってくるものです。

ここでは雰囲気を盛り下げないためのカラオケを聞く態度について考えていきましょう。

・スマホはできるだけ見ない
・他の人と話をするときはできるだけ近づいて話す
・食べ物、飲み物は自由に
・選曲はできるだけ短時間に
・曲の間奏や終わりに反応を見せる

以上のようなことに注意をしておけば、まず問題はないでしょう。

■スマホはできるだけ見ない

カラオケボックスの部屋は少し暗めになっていることが多いです。そんななかでスマホを見ていると、どうしても明かりが目立ってしまいます。また、その人の歌に興味がないという風に見えてしまうため、印象はよくありません。特に気になる異性が相手の時などはできるだけスマホは見ずに、相手の歌い姿を見たり、画面を見たりと、「ちゃんと聞いてますよ」感を出すことも重要になってきます。

■他の人と話をするときはできるだけ近づいて話す

他の人が歌っている最中に話したいこともあるでしょう。ただ、メロディなどが流れているので、どうしても会話が大声になりがちです。そうなってしまうと、歌っている人の邪魔になってしまうかもしれません。特に、対角線上や遠い席の人と話をするときなど、歌っている人を挟んで会話をするのはやめておいた方がよいでしょう。

できるだけ、話をしたい人と近づいて話し、歌を邪魔しないようにすることが大切です。

■食べ物、飲み物は自由に

歌っている間に食べ物や飲み物を飲むことは難しいですよね。なので、遠慮せず飲み食いした方が良いでしょう。また、注文などはできるだけ、曲の間奏時や、曲と曲の間に行ったほうが店員にも聞き取り易いためよいでしょう。

■選曲はできるだけ短時間に

歌う曲に迷ってしまって、ずっとリモコンを独り占めするのもよくありません。出来る限り歌う曲などは頭に思い描いて、あまりリモコンを独占しないようにしましょう。

■曲の間奏や終わりに反応を見せる

曲の間奏や終わりに「イェーイ☆」や「ヒュー!」などの反応があるのとないのとでは曲の盛り上がりは大きく異なります。せっかくノリの良い歌を歌ってくれているのに、聞き手の反応が無ければ、その曲の良さは半減するかもしれません。

カラオケボックスにはマラカスやタンバリンの無料貸し出しも行っているところもありますので、それらの楽器も加えるとより、盛り上がりをみせるはずです。

カラオケが苦手だけど、付き合いでいかなきゃならないなんて言う方は以上のことを守っていると、場の空気を壊さずに、楽しくカラオケの時間を過ごすことができるのではないでしょうか?