W610Q75_49

「フォール」とはどういったものかご存知ですか?

カラオケの採点機能などを見ていると「しゃくり」「こぶし」「ビブラート」に合わせて「フォール」というフレーズがあるものもあります。

この「フォール」を上手に活用することで、J-POPをより上手に聞かせることができるようになるのです。

今回はこの「フォール」という技法について調べてみました。身に着けるとより歌に深みが出ますので、是非マスターしたいものですね。

■フォールはしゃくりの逆?

フォールもしゃくり同様節まわしの表現の一種です。ただし、しゃくりとは真逆の節まわしとなります。しゃくりは、本来の音より若干低めの音から歌いだすテクニックですが、フォールはしゃくりとは逆になり、本来の音より若干高めの音から歌い出し、元の音程に合わせていきます。

音をスムーズに下げていくテクニックとなるので、歌い出しに使われることはあまりありません。

■フォールを効果的に入れると歌に抑揚がでます

フォールのイメージはなかなか掴みずらいものかもしれません。フォールの利いた歌と言えばaikoのカブトムシなどがあります。この歌のサビの部分では同じ言葉なのに高い音から低い音へ移行する場面があるのがわかるはずです。こうした部分はフォールがきいている状態になります。

フォールは歌い終わりの部分などで使用されることが多いテクニックです。これは、高い音から低い音へと下がっていくと落ちていく感覚があり、終わりという印象を効果的に与えることができるからとも言われています。

また、自然に下げていくというのも重要になります。分かり易く下がってしまうと、それはフォールというテクニックではなく、メロディラインのようになります。あからさますぎる場合は違和感を与えてしまうでしょう。

また、急降下してしまうととてもおかしく感じるので、ふわりと柔らかく下げていくことが重要になってきます。しゃくりのイメージはどちらかというと階段ですが、フォールのイメージは放物線と思ってもらった方が良いかもしれません。

また、歌い終わりにフォールを使うことによって、歌に余韻を持たせることもできます。歌自体に抑揚がうまれ、雰囲気ある歌になるので、是非使ってみてください。

ただし、あまり多用するのは避けましょう。フォールはしゃくりと同様、本来の音から若干外したところから声を出しますので、あまり多用しすぎると「この人音が取れないのかな?音痴なのかな?」といった本来とは真逆の印象を与えてしまうこともあるので注意してください。

カラオケの採点機能でも、フォールはプラスの要因にもなりますが、使いどころによっては音程があっていないとして減点対象ともなります。慣れないうちは、あまり多用せず、歌い終わりの最後の部分だけにしておくなどするほうがよいでしょう。

とはいえ、フォールは曲に新たな彩りを与えます。ぜひマスターして、活用してみてください。